Skip to content

AKI MITSUGI
三津木晶

 

A R T I S T B I O G R A P H Y

ZH

1987年福岡県北九州市生まれ。福岡教育大学初等教育美術専修卒業。
日常の風景を彼女独特の目線で切り取り、光の中の手の届かぬものを抽出したかのような、透明感溢れる中にエッジの効いた独特の画風。塗り重ねていく上で隠れてしまった下層に描かれた情を、表面の絵具を溶かしながら下地を見せていく斬新で、手のかかる繊細な手法により、近年内外のアートフェアなどで大いに評価を得る。
「自然の光は身のまわりにあるものに様々な変化を与えます。その様子を描いていると光と会話をしているように感じるのです。光のメッセージを受け取ることが私の役割とだと思っています。」(三津木晶)

個展
2017  tablecross / Gallery MORYTA(福岡)
2017  tablecross / Gallery SOAP (北九州)
2013  三津木晶展 / 画廊喫茶こもれび(北九州)
2012  三津木晶展 / 画廊カンヴァス(飯塚)
2012  Aki Mitsugi Show / SPITAL (北九州)

グループ展
2016  三津木晶・亀川豊未展  / 画廊香月(東京)
2014  三津木晶・亀川豊未展  / Gallery MORYTA(福岡)
2012  塩井一孝・三津木晶展 / Gallery MORYTA(福岡)
2011  PANDEMIC HALATION / Gallery SOAP (北九州)

アートフェア
2017  ARTF AIR ASIA FUKUOKA2017・GALLERY MORYTA
2017  Infinity Japan Contemporary Art Show 日本無極限 TAIPEI(台湾・台北)TAIPEI・GALLERY MORYTA
2016  ARTF AIR ASIA FUKUOKA2016・GALLERY MORYTA
2016  ART FAIR Sapporo 2016・GALLERY MORYTA
2016  ART KAOHSIUNG 2016(台湾・高雄)・GALLERY MORYTA
2015  ART FAIR ASIA FUKUOKA2015・GALLERY MORYTA

Aki MITSUGI
Born in Kitakyushu, Japan in 1987.
Completed Training Program for Elementary School Teachers (Fine Arts) at Fukuoka University of Education, Faculty of Education in 2009.Her style of painting has this feel of intangibility as if it exists within light itself,overflowing with clearness.Her technique is avant-garde and delicate. As such, in recent years it has gained a great deal of appreciation in many art events including Japanese and international art fairs.
As well as applying many layers to her work she also uses a unique technique to melt the surface layer revealing the hidden scene underneath. “Natural light gives various changes to what is around you. When I draw that state, it makes me feel as if I’m having a conversation with the light. Receiving its message and telling it through my work. I feel as if that’s my calling.”

SOLO EXHIBITION
2017  Aki Mitsugi exhibition tablecross / GALLERY MORYTA / Fukuoka
2017  Aki Mitsugi exhibition tablecross / GALLERY SOAP / Kitakyushu
2013  Aki Mitsugi exhibition / Komorebi / Kitakyushu
2011  Aki Mitsugi Show / SPITAL/ Kitakyushu

GROUP EXHIBITION
2016  Aki Mitsugi & Toyomi Kamekawa exhibition / Gallery Kazuki / Tokyo
2014  Aki Mitsugi & Toyomi Kamekawa exhibition / Gallery Morita / Fukuoka
2012  Kazutaka Shioi & Aki Mitsugi exhibition / Gallery Morita / Fukuoka
2011  PANDEMIC HALATION / Gallery Soap / Kitakyushu

Art Fair
2017  ARTF AIR ASIA FUKUOKA/ Gallery MORYTA
2017  Infinity Japan Contemporary Art Show/ Gallery MORYTA
2016  ART KAOHSIUNG / Gallery MORYTA
2016  ART SAPPOLO / Gallery MORYTA
2016  ART FAIR ASIA FUKUOKA / Gallery MORYTA
2015  ART FAIR ASIA FUKUOKA / Gallery MORYTA


インタビュー
ARTNE (https://artne.jp/interview/37)
進化する絵画表現/“引き算の美学”に迫るーー画家・三津木晶さんインタビュー

けやき通りのGALLERY MORYTA(ギャラリーモリタ)にて個展を開催中(~5/14)の画家・三津木晶さんにその作品や制作にかける思いについてお聞きしました。

ーーー 三津木さんが絵を描き始めたきっかけを教えていただけますか?
ーーー So what motivated you to start drawing?
三津木 芸術を愛する母親の影響が大きいと思います。幼いころから母の描く姿、音楽を楽しむ様子を間近で感じたり、一緒に絵を描いたり、美術館やギャラリーに展覧会に足を運んだりしていましたから。
I believe I was influenced by my mother’s love of art. I can remember, as a child,watching my mother from behind as she painted and the energy she displayed while listening to music. She would also paint with me and take me along to art exhibitions at various museums and galleries.
ーーー ご自宅にもたくさんの絵画が飾ってあるそうですね。
ーーー 
It seems your parents have a lot of paintings decorating their home.
三津木 そうですね。家の中には母の絵や私の幼い頃の絵、母の好きな作品、もちろん私の好きな作品も。「小中学生の頃までに美術館やギャラリーで絵に触れたことがない人は一生、それらの場所を訪れる習慣が身につかない」という話を聞いたことがあります。そういった意味では、私は幼い頃から恵まれた環境にいたと思いますね。
Yes. Some of them were painted by my mother and some I painted while I was young.There are also some of my mother’s favorite paintings, and of course a couple of my favorite paintings. I have heard that people who do not get accustomed to visiting art museums and galleries by the time they reach elementary school, will never form a habit of visiting those places on their own. In that sense, I think that I was blessed to be raised in such an environment.
ーーー 三津木さんご自身がほかの作家の作品を購入することもあるのですか?
ーーー 
Do you purchase other artists works?
三津木 はい。「自分のいいと感じた作品を身近に置いていないと、いい作品はつくれない」と思っています。自分が描きたい質感や肌合いを探るために、手元に置いている作品を参考にする、あるいは参考にしたい作品を購入して手元に置く、ということを学生時代から意識してやってきました。作品というのは絵画に限らず、彫刻、陶器、拾った貝殻や石、花びらなんかも含まれますね。
Yes. I believe I cannot create great art unless I surround myself with it. I often search for paintings with textures I want to achieve myself and use them as a reference, as well as paintings I wanted to reference when I was still in school. My collection isn’t limited to only paintings though, it also includes sculptures, ceramics, sea shells, pebbles, flower petals, and other things I find interesting.
ーーー すごいですね、並々ならぬ心がけだと思います。それでは次に、三津木さんの作品についてお聞きしたいと思いますが、今回の個展の作品を拝見すると、すごく魅惑的な雰囲気を漂わせていますよね。いい意味で、作家が男性なのか女性なのか、年齢は何歳なのか、まったくわからない。だからこそ、見る人によってとらえ方が様々で想像力が広がっていくような表現だと思います。いつ頃この手法にたどり着いたのですか?
ーーー 
That’s wonderful, I think that is an extraordinary mindset to have. The atmosphere of your paintings have a unique allure to them, don’t they? Viewing them without any context leaves one not able to figure out if the artist is female or male or even their age for that matter. That in and of itself is why I think that while people are viewing your art you can see their imagination growing in their facial expressions. When did your artstart to take on such a unique style?
三津木 二年ほど前でしょうか。ある制作中の作品があり、一時期その作品から離れることになりました。再びそのキャンバスに向き合った時に、ふと、昔の絵、すなわち塗り重ねられた下の層に描いた情景を再び見てみたい、と思ったのです。最初はペインティングナイフで削ったり、引っかいたりして、上塗りした絵具をはがすことを試してみましたが、思うように行かず、試行錯誤の末に辿り着いたのがテレピン油で、表面の絵具を溶かしながら下地を見せていく手法でした。
About 2 years ago while working on a piece there came a time where I had to take a break. Later, As I stood once again before the unfinished canvas I thought to myself, I’d like to see my old work one more time, that is, the scene I created which was now buried under a layer of paint. At first, I attempted to peel off the coat of paint with a painting knife but it didn’t go too well. After a lot of trial and error with different methods, I found that using turpentine with a paintbrush and slowly removing the unwanted paint was the best method in revealing the underlying image, and I wound up with a painting like the ones you see now.
ーーー なるほど、まさに“引き算の美学”ですね。
三津木 そういう言い方もできますね。
ーーー 失礼ながら、三津木さんは、「静寂」や「森閑」といった雰囲気をたたえた作品の印象とは対照的に、とても明るくて闊達な方ですね。
三津木 そうですね、楽しい時はこうした表情になるもので。(笑)
ーーー 先日(4月15日)は、このGALLERY MORYTAをはじめとする、けやき通りの6ギャラリーを会場として開催されたアート&ワインイベント「ギャラリー梯子酒」にも参加されたそうですね。
三津木 今回で4回目になるそうですが、素晴らしい企画だと思いました。私はこのギャラリーで200名を超えるお客様をお迎えしたのですが、参加者の皆さんがこの空間を作品と共に楽しむ姿が印象的でした。それだけでなく、私の作品について興味をもっていただき、作家の私にとっても大変貴重な時間となりました。私自身、このような経験は初めてで、アーティストと市民の皆さんとの架け橋になっているイベントだと思いました。ぜひ、これからも続けていただき、福岡のアートファンを増やしていってほしいですね。
ーーー 最後に、今後の作品制作に向けての思いをお聞かせいただけますか?
ーーー 
Finally, could you tell us your feelings regarding your future work?
三津木 自然の光は身のまわりにあるものに様々な変化を与えます。その様子を描いている と、まるで光と会話をしているような気持ちになります。そうした“ 光のメッセージ”を 受け取り、作品を通して伝えていくこと。 それが私の役割だと思っています。
Natural light gives various changes to what is around you. When I draw that state, it makes me feel as if I’m having a conversation with the light. Receiving its message and telling it through my work. I feel as if that’s my calling.
ーーー 三津木さんのこれからの“進化”から目が離せません。本日はありがとうございました。